打ち水大作戦本部NEWS

第87回「毎日広告デザイン賞」最高賞!一般公募・広告主課題の部『打ち水大作戦本部』〜「SDGs×打ち水大作戦」をデザインせよ!〜

2020年4月8日

「打ち水大作戦本部」(本部長:竹村公太郎、本部事務局:日本水フォーラム)は、例年、毎日新聞社が主催し経済産業省が後援する「毎日広告デザイン賞」に参加しています。
この度、2019年度に実施された第87回「毎日広告デザイン賞」の一般公募・広告主課題の部において、応募作品1067点のうち、「打ち水大作戦本部」の課題にもとづいた作品が最高賞を受賞しました。

1.受賞概要

部門 第87回「毎日広告デザイン賞」の一般公募・広告主課題の部
賞名 最高賞
課題提出者 打ち水大作戦本部
課題名 「SDGs×打ち水大作戦」をデザインせよ!
課題詳細 基本コンセプト 2020年開催の東京五輪は、SDGs五輪である。その五輪開催にあたる夏に、全国各地で行われる「打ち水大作戦」はSDGs打ち水でなければ面白くない。SDGsの普及や推進の、展開ツールとして、打ち水大作戦は、どう機能できるだろうか。2020年の夏に18年目を迎える打ち水大作戦は、2030年までの残り10年間で、どのようにSDGs達成に貢献できるだろうか。打ち水大作戦の本質は、「水を繰り返し使う」「自然の力で涼を得る」「みんなで一緒に取り組む点にある。2025年には、大阪万博も開催される。この時に、SDGs達成に貢献している、と言えるプレイヤーこそが、明るい未来を切り拓いているはずだ。
訴求対象 SDGsに取り組む18歳
制作者 浦田朋佳氏 金沢美術工芸大学

2.受賞作品

l

制作者:浦田朋佳(うらた・ともか)氏 金沢美術工芸大学


主催者による報道はこちら